2010年12月31日

このサイトについて

このサイトは、失恋カウンセリングのコラム集です。
失恋や恋愛などの心理学に関するコラムを書いています。
失恋カウンセリングでは、恋愛や性格に関する心理テストや失恋回復のカウンセリングサービスの案内をしています。
失恋カウンセリングのサイトは、こちらからどうぞ。

感想・ご質問や無料レポート、メールカウンセリングのお申し込みは
こちらへご連絡ください。

onlyoneheart at 00:59|PermalinkComments(0)clip!このサイトについて 

2010年03月11日

うつにつながる身近なロス

ペットロスだけじゃない うつにつながる身近なロス(ゲンダイネット) - livedoor ニュース

「ペットロス」という言葉は聞いたことがあるのではないでしょうか。
大切にしていたペットを失う(ロス)ことによって、うつ状態になってしまうことを言います。

記事の中では、自分の中で大変盛り上がったオリンピックが終わってしまったことによる
虚脱感を「オリンピックロス」と名づけて紹介しています。

オリンピックを観戦している人でさえ、終わった後は喪失感を感じることがあるのですから、
競技に参加した人にとって虚脱感や喪失感は時に非常に大きいものがあるでしょう。
実際にそのような例を聞いたことがあります。
いわゆるバーンアウト(燃え尽き)症候群と言われる状態です。

さて、この記事の中では触れられていませんが、
失恋大きなロス(喪失)となります。
(同様に名づけるとすれば「ラバーロス」となるでしょうか)

特に、振った側よりも振られた側、徐々に訪れた別れよりも突然の別れ、
お互いに納得した上での別れよりも一方的に告げられた別れ
の場合に、大きな喪失感が残ってしまいます。

ロス(喪失)には、それを乗り越える「プロセス」があります。
そのプロセスについて、以下の記事に書いてありますので、
よろしければ読んでみてください。
人が別れを経験するということ

そのプロセスを知っておくだけでも、全く先の見えない状況にいるより、
いくぶんか気持ちが楽になるものです。

-------------------------------
失恋に苦しんだら、
失恋カウンセリング
を訪れてください。


onlyoneheart at 17:36|PermalinkComments(0)clip!ニュース 

2010年02月18日

「復縁」を成功させる3つの絶対条件

http://news.livedoor.com/article/detail/4608080/
「復縁」を成功させる3つの絶対条件

恋人に振られてしまって、その彼との関係を復活させたい女性は多いが、
「基本的に、いったん振られてしまったら、再び付き合うことは、ほとんど不可能である。」

ただし、
「では復縁は無理なのかといえば、もちろん可能性はゼロではない。」として、
復縁のために気をつけることを3つ挙げています。

詳細は記事を参照していただきたいのですが、復縁のためには、
感情的な行動はしない、「なぜ振られたのか」を理解するなどを挙げられています。

これは失恋から立ち直るときにも大切なことです。

私も「失恋から立ち直るために」の記事にて、「連絡しない」などのタイトルで
あせった行動は行わない方がよいことを書かせていただいています。
http://onlyoneheart.livedoor.biz/archives/cat_10040233.html


そして、復縁を望むにしても望まないにしても、その前にちゃんと失恋を癒しておく必要があります。
そうしないと、ただでさえ難しい復縁も上手くいきませんし、
もし復縁できたとしても同じことを繰り返してしまいます。

十分に失恋を癒してから、次へ進む。
それが遠回りなようで近道なのです。

-------------------------------
恋愛に悩んだら、
失恋カウンセリング
を訪れてください。



onlyoneheart at 18:27|PermalinkComments(0)clip!ニュース 

2010年02月13日

依存学

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100212-00000026-kyt-l26
京から発信「依存学」 京大副学長ら協議会設立へ

「依存学」を研究する団体が設立されたそうです。

「依存学」とは何かというのは、以下の引用を参照ください。

『「はまる」「のめり込む」ことの意義をきちんと評価し、依存症との違いを科学的に解明することで、カウンセリングなどに応用していく。
 飲酒やギャンブル、ゲームなど、はまる対象になるものは、適度に楽しむとストレス発散や脳の活性化などの効果がある。文化の創造や科学的発見も、何かに没頭して達成されることが多い。ただ、度が過ぎると、生活に支障の出る依存症に陥ることもある。』

「依存」ということでいいますと、恋愛も依存の対象と言えるでしょう。
恋愛も「ハマっている」という状態であればよいのでしょうが、
日常生活や仕事に支障が出るようであれば問題があるでしょう。

それに、あまりに依存する恋愛はうまくいかないことが多いです。
依存するほどの恋愛を失ってしまったときの苦しみや寂しさはとても大きいものがあります。

お酒は飲んでいるうちはいいが、飲まれるとダメだと言われます。
恋愛も同様に、恋愛を楽しんでいるうちはいいが、飲まれてしまうとダメなのでしょう。

依存についてはまたの機会に詳しく書きたいと思いますが、
「恋愛で依存傾向があるかもしれない」という場合は要注意かもしれません。
よろしければ一度ご連絡ください。

-------------------------------
恋愛に悩んだら、
失恋カウンセリング
を訪れてください。



onlyoneheart at 15:13|PermalinkComments(0)clip!ニュース 

2010年02月07日

食堂かたつむり

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100206-00000001-maiall-ent
<注目映画紹介>「食堂かたつむり」 料理やアニメのシーンで温かく味わい深い映画に

「食堂かたつむり」という映画が公開されたそうです。
失恋のショックで声が出なくなった女性が主人公なんですね。
題名は聞いたことがあったのですが、失恋した女性が主人公とは知りませんでした。

映画の話とはいいながら、声を失うほどの失恋のショックとはどれほどかと思います。
愛する者を失うショックや悲しみは時として非常に大きいことを再認識させられます。

原作は小説とのこと。
小説の感想を見てみますと、料理を中心に据えた作品のようですが、
失恋から回復する過程がどの程度描かれているかも気になりますので、
機会があれば観てみようと思います。


-------------------------------
恋愛に悩んだら、
失恋カウンセリング
を訪れてください。

onlyoneheart at 18:47|PermalinkComments(0)clip!ニュース